トップページ>平成の架け替え>

架橋〜匠の技(橋杭組立No.1)


第一橋、第五橋の橋脚は取り付けは、まず寝かせた状態で主な部材を組み立てておき、それをクレーンで吊って所定の場所に組み込むます。

まず柱である橋杭(きょうぐい)を並べて、それに通貫(とおしぬき)を通します。