2012年10月31日撮影

「天使のはしご」とは、太陽が雲に隠れている時に、雲の切れ間から光が漏れて、光線が放射状に地上へ降り注いで見える現象を言います。気象用語では、薄明光線 (はくめいこうせん) と言うようです。

この日、日の出の時間にはよく晴れていたにも関らず、太陽が顔を出すと、雲もどんどん増えていきました。そして、その隙間から光のシャワーが錦帯橋に降り注ぎました。

撮影データ:Canon EOS 60DEF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM、f8、シャッターオート