2011年1月16日撮影

太陽が西に傾いてくる午後、錦川の川面には、太陽の反射による「光の道」が見えます。

「光の道」は、風による水面のゆらぎにより、途切れたり、つながったりして、いろいろな表情を見せてくれます。

この写真は「光の道」のイメージどおり、露出を切り詰め、一直線にキレイにつながった瞬間を逃さずにシャッターを切りました。

撮影データ:Canon EOS 60DEF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS、f11、シャッターオート